阪神タイガース情報局【最新2020年度版】

阪神タイガースの選手や試合、観戦情報などタイガースを中心にプロ野球を楽しむための情報を発信するサイトです。

矢野監督は守備エラーで怒らないのはなぜ?「許す力」が選手を変える?

f:id:augesy:20200217150037j:plain

監督さんにも色々なタイプがありますが、去年から阪神タイガースの指揮をとる矢野監督の選手に対する接し方はかなり賛否両論がありますよね。

選手がヒットを打っただけで喜び、勝利したら自ら真っ先にベンチを飛び出してはしゃぎまくる。監督と選手じゃなくてまるで同僚、なんなら友達といった感覚で、昔ながらのプロ野球の監督と選手の関係性に馴染んでるファンからすると、

「それではチームが強くならない」

「選手が監督を舐めている」

といった杞憂が湧いてきちゃいますよね。

 

阪神の名だたるOBも苦い顔で

「高校野球じゃないんだから。相手にも印象がよくない」

と矢野監督の方針にNGを出す人が跡を絶ちません。

 

実際、矢野監督を間近で見ている記者さんも

「ミスしても怒らない。本当にまったく怒らない」

と断言しています。

では、この全く怒らないことに対して、選手はどのように思ってるのでしょうか?

 

矢野監督指揮下の選手はやりがいを感じている

矢野監督1年目の年に阪神タイガースにオリックス・バファローズから移籍していた西勇輝投手が、矢野監督についてこう語っています。

「正直、理不尽な監督さんもいると思います。“ミスしてもいい”と言いながら、ミスしたら怒るとか。でも矢野監督は本当に怒らないですから。だから選手は思いきってできるんですよ。何も恐れない。実際、本気でやった選手には怒りません。でも適当なプレーとかにはバーンと怒る。方針がしっかりしているので、やりがいを感じますね。ちゃんと最後までプレーを見てくれているんだな、と感じます」

確かにミスしてもいいって言う監督さんいますけど、怒りはしなくても軽い注意くらいしますよね。

矢野監督の場合は、普段から「エラーをしてもいい」と選手に伝えてるみたいで、それが「もっと守備をうまくなろう」と意識して成長につながると考えているようです。

これはある意味、リアリストといいますか、実は選手を育てる効率のいい方法なのかもしれません。西投手が言ってるように、矢野監督も適当な怠慢プレーに関してはしっかりと怒るようなので、まったく問題はないでしょう。

西投手はそんな矢野監督だから、阪神に来たかったと話しているようです。

結局はプロなんですから、練習して当たり前、技術が向上しないとライバルに自分のポジションを奪われるだけなんですから。

そういった現実は、監督がエラーに対してどんな反応を取ろうが変わらないわけです。それなら、エラーをしたら怒られるから…と萎縮したプレーをして負の連鎖を起こすよりも、のびのびとプレーしてファインプレーを誘発する方がチームにとってもプラスです。

矢野監督のこの方針で、阪神タイガースの選手が成長するのかは、もう少し先を観る必要がありますが、私は選手は少しずつ変わっていると確信しています。