阪神タイガース情報局【最新2020年度版】

阪神タイガースの選手や試合、観戦情報などタイガースを中心にプロ野球を楽しむための情報を発信するサイトです。

【動画あり】ボーアがホームラン!サンズもガンケルも良すぎて嬉しい悩み@2月5日阪神春季キャンプ

阪神タイガースの1軍宜野座キャンプでは、新外国人とそのポジションを争う生え抜き選手達のレギュラー争いが熾烈です。

マルテと3塁を争っている大山はさっそくシート打撃で調子のいい望月からホームランを打ちましたし、サンズと争う髙山も藤浪から2塁打を放っています。

相乗効果で日本人選手が覚醒しつつあるのが嬉しいんですが、それもそのはず、新外国人選手たちが調子いいんですよこれが!

まだまだ投手も実践段階ではありませんが、ボーアは連日のホームランを含む2安打!

動画を観ていただくとわかるように甘い球ではありますが、タイミングを合わせて左方向へ軽いスイングで弾き返した球がホームランですよw


これぞホームランバッター!

ボーア相手だと、投手は失投を許されない怖さがありますよね。

そして髙山と外野のポジションを、そしてボーア、マルテと外国人野手枠を争うサンズも、スライダーを鋭く振り抜いて三塁線の2塁打。

このバッティングを観ると変化球に対応できそうな感じありありなので、まじで3割打ってくれるんじゃないかと期待してしまいます。

そして連日のブルペンの投球で評価がうなぎ登りのガンケル投手。

スピードはないけどストレート、変化球すべてドンピシャでコントロールできる制球力が今日のシート打撃でお披露目されました。

サンズ、ボーアを相手に投げているんですが、失投がほとんどなくストライクゾーンの低め内外角にしっかり収まる制球力の良さ。

動画の解説陣も「なぜメジャーで投げてないの?」と驚くほどの制球力で、メッセンジャーが抜けたあとの先発ローテーションの1人として期待大です!

ここまで新外国人選手が期待以上だと、4枠をどううまく使うのか本当に難しくなってきそうです。

野手のボーア、サンズ、そして実績のあるマルテ。

たぶん野手から2人は1軍で登録すると思うんですよね。

残り2枠を投手は先発でガンケルと実績のあるガルシア、中継ぎ&抑えでスアレスとエドワーズです。

ガルシアも今までの日本球界での実績があるので、安定した活躍してくれそうだし、手術明けのスアレスも日本で活躍していた頃に戻りつつあり、エドワーズも前評判通りいいピッチングをしています。

いやこれ本当に難しくなってきましたねw

ただどの選手も腐ること無く、全員の力で優勝に向けて活躍してほしいです。