阪神タイガース情報局【最新2020年度版】

阪神タイガースの選手や試合、観戦情報などタイガースを中心にプロ野球を楽しむための情報を発信するサイトです。

阪神新外国人・サンズを元コーチ正田が高評価!日本でも成功する理由とは?

f:id:augesy:20200120152903j:plain

阪神タイガースの新外国人選手、ジェリー・サンズ外野手への期待感が現在急上昇中です!

現役メジャーリーガーの助っ人、ジャスティン・ボーア内野手が4番バッター候補として注目を浴びていますが、実はサンズ外野手もすごい実績を持って阪神に移籍してきたんですよね。

本当ならかつてのロサリオの時のように期待され騒がれるべきですが、ロサリオがいまいちだったのとボーア内野手の影に隠れてる感じで、阪神ファンの中でそこまで騒がれていません。

しかし、元阪神タイガースのコーチをつとめ、去年まで韓国のKIAでコーチをつとめてきたあの正田耕三さんが、敵チームからみたサンズの凄さを明らかにしました!

 

正田元コーチが実際に観てきたサンズの評価

広島の安打製造機・正田耕三元コーチが実際に観てきたサンズの評価は

  • ライトスタンドに放り込めるパワーの持ち主
  • 広角に打ち分ける技術を持つ
  • 学習能力が高い
  • 肩が強い

ポジティブな評価が多くて、特にセンターから右方向へ打てる技術を評価しています。

 

ライトスタンドに放り込めるパワーの持ち主

広島カープ時代は現役の選手として、阪神タイガース時代はコーチとして甲子園で闘ってきた正田コーチによると、サンズのパワーはおそらく浜風に負けないだろうとの印象をもっているようです。

去年は韓国で28本のホームランを打っていますが、そのうちセンターから右方向へ10本のホームランを叩き込んでいます。

 

広角に打ち分ける技術を持つ

正田コーチによると、ヒットも三遊間にうつというより、センター前に運ぶ印象があるとのこと。

振り遅れてもバットに乗せて、パワーで内野の頭をこえるヒットを打てるので、センターから右側へのヒットが多くなり、必然的に打率や打点の数字につながるわけです。

ジャストミートすれば右方向にホームランになります。

 

学習能力が高い

実は韓国にきた1年目は粗さが目立っていたようですが、2年目にはしっかり修正して大活躍したので、正田コーチの目から見ても学習能力が高いと感じたようです。

 

肩が強い

韓国でライトを守っていた時に、外野から好返球を見せる場面がたびたびあったようで、肩が強い印象があったようです。

ただ追いついたフライを落球することもあり、単純なエラーもあり守備力の安定感は未知数のようです。

 

サンズは日本で通用するのか正田元コーチの結論は…

実際に試合でサンズ選手をみてきた正田元コーチに、サンズが日本で通用するのか教えてほしいですよね。

正田元コーチによると、韓国の先発ピッチャーは1,2番手には日本と同じく代表クラスのすごいピッチャーがいますが、3番手以降は日本のピッチャーに比べると実力が劣るようです。

しかも日本の場合、バッテリーが選手の弱点を発見するとそこを徹底的に攻めてくるので、そこからどう対応するかが成功の鍵のようです。

技術というより、精神的に狂わされずに日本野球に対応できれば、サンズは日本でも成功できるようです。

確かにロサリオは徹底的に外のスライダーや落ちる球で攻められ、精神的に潰されてしまった感ありましたよね…。

ただ学習能力が高いというのと、遅れても右方向へ打つ技術があるので、対応してくれると信じたいですね。