阪神タイガース情報局【最新2020年度版】

阪神タイガースの選手や試合、観戦情報などタイガースを中心にプロ野球を楽しむための情報を発信するサイトです。

【2019年ドラフト組】遠藤成(えんどうじょう)のバッティングの実力は?修正力がすごすぎた!

2019年のドラフト会議で、4巡目までよくぞ残ってくれてた東海大相模高校の遠藤成内野手。

高校通算45本塁打を誇る強打のショートストップで、最速145キロの投手として活躍していたほど肩の強さと野球センスを持っている選手です。

阪神タイガースの二遊間で、すばらしい選手を育てるのは喫緊の課題なのですが、素材としては素晴らしい選手と契約することに成功しました。

高校通算45本塁打を打っていることから、長打力のある強打者ということはわかりますが、遠藤成選手の評価が高いわけは、その修正力、対応力にありました。

 

投手の傾向をみて打撃フォームを修正できる対応力

高校生を卒業したばかりの遠藤成内野手ですが、その野球センスには素晴らしいものがあります。

遠藤内野手のバッティングの評価ポイントして、対戦相手によって打撃フォームを修正できる器用さです。

U-18ワールドカップの代表として選出され、世界大会の中でのできごとですが、遠藤内野手は海外の動くボールに対して、ボールを見やすくするフォームに修正し、見事に結果を出しました。

右足を上げすぎずに左足に軸を作ってタイミングを変え、手元で動く海外投手のボールをギリギリまで見れるフォームに修正。

その結果、見事に勝ち越しになる殊勲打を放ちました。

すばらしいバッティングですよね!

海外ピッチャーの手元で動くボールに攻めあぐねて、2点しか取れずに同点だった試合でのこの結果ですよ…。

この状況って、甲子園で投手陣が踏ん張ってるけど、なかなか打撃陣が点を取れないってパターンと似てますよね。

そんな状況でも、考えてピッチャーにあわせて修正し、勝負どころでタイムリーを打てるバッター。

それが遠藤成というバッターなんですよ!

すごく頼もしい選手が阪神タイガースに加入してくれましたね。

守備位置がショートなので、プロで通用する守備力も磨かないといけませんが、彼なら順調に成長して将来のクリーンナップを打つ選手になってくれる予感がしています。

これからも阪神タイガース情報局は遠藤成内野手を応援していきますよ!